プライバシーの侵害につながる動画を勝手にアップロードされたら?


個人ではなく団体の力を借りて対処する

近年、以前付き合っていた恋人に撮られた動画を勝手に共有サイトにアップロードされ、プライバシーを晒されてしまうケースが増えてきています。もし、このような被害を受けたらどうすればいいのでしょうか。まずは動画の公開をやめさせなければなりません。ただ、運営者によっては「あなたが本当に被害者なのかわからない」といった理屈でのらりくらりとかわし、削除しないこともあり得ます。そのため、関係団体などに協力を仰いだ方が良いでしょう。例えば、プライバシーを侵害する動画を勝手に公開された場合、被害者本人に代わって動画の削除を求めてくれる団体が存在していますから、こういったところに連絡するのがおすすめです。

元を絶つために警察と弁護士の力を借りるのも重要

同時に警察に対しても相談した方が良いでしょう。というのも、現在アップロードされている動画が削除されたとしても、犯人は別の共有サイトにアップロードするかもしれないからです。犯人を捕まえない限り、削除してもキリがありません。一人で相談に行く勇気がない場合、まずは弁護士に相談し、一緒に警察に行ってもらう方法もあります。犯人はきっと以前付き合っていたあの男だと目星をつけたとしても、自分一人で接触を図り、動画を削除するように求めるといったことは避けましょう。それはもしかしたら相手の思うつぼかもしれないからです。「動画を消してほしかったら自分に会いにこい」などと要求してきて、事態がより悪化するかもしれません。そのため、必ず警察や弁護士の力を借りて対処するようにしましょう。

機密文書は保管に細心の注意を払うのと同時に、廃棄時も不用意なまねは出来ませんので、専門の処理業者に委託して廃棄するのが確実です。