適性検査はどうやって選べばいい?選び方の注意点と種類について


適性検査を選ぶ際の注意点

新卒採用のために適性検査を活用するのであれば、どのような要素を測定したいのかをよく考えることが大切です。適性検査は利用目的や項目、スピードなどに様々な種類があるからです。適性検査の結果を誰が見るかによっても、その使い方は異なります。見る人が分かりやすい結果内容になっているかも確認することが重要です。また、検査結果が出るスピードや費用も事前に確認しておきましょう。

適性検査の種類は2種類

適性検査の種類には、パーソナリティ検査と言語能力・数理判断能力テストの2種類の方法があります。パーソナリティ検査は学生自身が自分のことをどのように理解しているか、どのような行動特性があるかを数値化して検査する方法です。システムエンジニアや営業職などそれぞれの職種の適性を測ることができます。パーソナリティ検査は面接の時の補助資料にも役立ちます。言語能力・数理判断能力テストは初期段階のテストとして用いられることが多いです。知識や学力が必要な問題が多く、学生が対策を練りやすい分野である為、論理的思考力などが評価されやすいテストを選ぶことがポイントになります。

適性検査の受検形式とは?

適性検査の受検形式はWEBで受ける方法や紙上で受ける方法、テストを専門に行っているセンターで受ける方法の3種類があります。その中でもWEBで受ける方法が最も利用されています。最近は就職活動が短期化されている傾向にありますから、どこでも受けることができるWEBが活用されやすいです。学生のニーズに合わせて受検形式を選ぶこともポイントになります。

適性検査では制限時間内に全ての問題に回答することが大事なポイントになります。そのため問題をできるだけ早く解いていくための対策を事前に行っておく必要があります。