自営業で失敗しないためのコツを知っておこう


まずは休日を利用して自営業をしてみよう

自営業を始めようとするサラリーマンの多くが現在勤めている会社を辞め、自営業一本で勝負しようとします。しかし、現在は自営業と言っても色々な方法があります。ネット上でお店を構えることが出来れば、別に毎日店頭に立つ必要もありません。それに、いきなり安定した収入を得られる今の会社を辞めて自営業だけで生活していくにはリスクがあまりにも高すぎます。起業してすぐに軌道に乗れば良いですが、実際は起業してすぐの頃はお客さんが定着せず、思うような収入が得られない場合がほとんどです。

もし自営業一本で勝負してそのようなことになればたちまち危機的状況になり、冷静な判断が出来なくなるでしょう。その点、休日のみを利用した営業ならば失敗しても安定して収入を得られるので冷静な対処ができるようになります。まずは休日にのみ事業を開始し、安定した収入が得られそうだと判断できればその事業一本で勝負するという方向にシフトするのが失敗しないためのコツです。

確実に黒字経営になるような始め方をしよう

飲食店を始めた人にありがちな失敗が、繁華街の一等地にお店を構えたはいいものの大幅な赤字経営が続き、わずか数か月で閉店を余儀なくされるというものです。確かに一等地に店を構えれば人通りが多いのでお店の認知度は上がるかもしれませんが、それが利益につながるとは限りません。繁華街ということはライバル店も多くあるという事ですから、そのライバル店よりも優れた部分をアピールしなければ収入にはつながらないのです。新しく事業を始める際には周りにライバルが居ないような場所を選び、客は少なくても確実に利益を得られるような始め方をするよう心がけましょう。

フランチャイズの加盟を検討する際は、新聞や雑誌、インターネットを使ってどのような本部があるのか調べておくことが大事です。