社員研修の際に教育効果を高めるにはどうすれば良いか?


研修担当の社員の教育や外部講師の依頼がポイント

社員研修を行う理由はそれぞれの会社の方針や事業内容によりますが、研修の成果を日々の業務に生かすには、経営陣や総務、人事などの担当者が中心となって慎重に計画を立てることが重要となります。特に、社員数が多い企業においては、社員研修を実施する前に、各現場で実際に新人や若手に対して指導を行う社員の教育を行うことも必要です。また、社員研修を担当できる人材が自社内にいない場合には、外部講師にサポートを任せるという方法もあります。外部講師に社員研修をお願いする場合には、講師の経歴や専門分野によりますが、多額のコストが発生したり、スケジュール調整に時間が掛かったりすることもあるため、余裕を持って対応をするのがポイントです。

研修を終えた後も継続して対象者のフォローを行おう

社員研修を終えた後に個々の社員が仕事へのモチベーションを高めたり、知識や技術を生かしたりするためには、継続して対象者のフォローをきちんと行うことが大切です。例えば、人事担当者や各部署の責任者が一人ひとりの研修の対象者に日々の仕事の問題点や悩みについてアンケートやヒアリングを行うのも有効です。また、若手社員の定着率を高めるには、単に社員研修を行うだけでなく、職場内で面倒見が良い社員が気軽に相談に応じたり、仕事上のサポートをしたりするのも重要です。その他、新卒者だけでなく中途採用者や再就職者を受け入れている企業においては、それぞれの社員がニーズに合った研修を受けられるよう、研修のプログラムを考えることが大事です。

社員研修ではその職業に関する様々な業務を学びます。新入社員はもちろんですが、既に入社して数年が経過している在籍社員も、スキル向上やキャリアアップのために受けることがあります。